ニオイケア」カテゴリーアーカイブ

脇汗、多汗症について

物心ついたころから汗っかきで、脇の臭いが気になるようになっていました。しかも3姉妹なのですが、家族で私だけ父親に体質が似てしまったため、汗やにおいの悩みを言っても母は理解してくれずでした。

https://tips.jp/u/sayurin/a/sclabo

社会人になりワキガ手術も考えましたが、介護で重労働の仕事をしていたため、術後が心配になり結局踏み切れませんでした。

ですが、こに何年か、かなり強烈な海外勢の汗を止めるローションなどが複数ネット販売されており、いくつか試してみました。どれも効果抜群で今では無くてはならない生活用品の1つです。

ひとつネックなのが、ネットでしか買えないため、臨時に買いたいときにすぐ手に入らないのが残念です。

あとは海外製ということもあり、成分の心配もないと言ったら嘘になります。

ですが、これ1本で毎日快適に過ごせるならありがたく使っています。

これが子供の時にあったらな。もっと早くに気づいていればな。という気持ちもあります。あとは最近皮膚科で保険適用の多汗症のが処方されるようになったと聞きました。まだその薬の効果の口コミがまだ少ないですが、皮膚科で処方してもらうのも安心安全で良いかもしれません。色々試してみてから判断できたらと思います。

加齢臭についての私見

1.はじめに

本音の口コミ!薬用スクラボの最安値通販サイトや効果などを徹底レポート!

新聞、雑誌、テレビなどの媒体広告に頻繁に登場する入浴剤や脱臭剤、洗剤などの紹介商品。基本的には「消臭」を目的としているものでしょう。臭いは老若男女を問わず、生あるものには付いて回るものでしょう。今回は「加齢臭」について考えてみました。

2.加齢臭について

筆者は80歳の男性です。高齢者になりますと、平均的に、現役で働いていた頃と比較して世間との、また人とのつながりが減少します。従いまして自分の体臭に関してはさほど関心を持たなくなるのです。私の体験を書きますが、中高生の頃は汗臭いのですが、これは若さの象徴であり、嫌悪するには至らない匂いです。社会人となりますと、エチケットの一環として気を付けねばならないことが分かってきます。ところが30歳代後半になってきますと、新たに発生するのが「加齢臭」です。医学・生理学学上では難しい名前がついていますが、「加齢臭」という呼び方には抵抗を感じるものです。40才代、50歳代と年齢を重ねるにつれて悩みの種になってきます。いろいろと対策を施しますがこれは努力の要ることです。現役時代を振り返りますと大変だったことを思い出します。その頃からの対策としては、入浴、食事、オーデコロンなどの防臭化粧品などに注意を払っておりました。加えてタバコも吸っておりましたので大変でした。

3.あとがき

加齢臭は誰にでも発生します。年齢を重ねて行けば当然のことであり、怖れることなく対策を講じて行けば良いと思います。昨今は防臭(消臭)対策商品が豊富に出回わっておりますので大いに助かると思います。先ずは関心を持つことでしょうか。高齢の筆者も外に出る時や人に会う時には、エチケットとして、それなりの対策をしております。各人各様であることも付け加えさせていただきます。ぃ

のていね

なt

服の汗ジミをなんとかしたい場合は

特にワキガの人に多いのですが、脇汗のシミが気になってしょうがないという人も多いと思います。http://yamatobill.jp/

これには二つの嫌な点があるのですが、一つ目は汗ジミによる見栄えの悪さです。もう一つがシミができている事による、臭いの問題です。汗をかくから臭くなるので汗をかかないようにすればいいのですが、それは難しいですよね。だから汗が出ても乾きやすい環境にするか、出にくい状況を作り出す事が重要になってきます。乾きやすくするには吸水速乾の服を着るといいです。

すぐ乾くので、臭くなる状況になりにくくなるからです。出にくくするには風通しがいい服を着るといいです。同時にムダ毛の処理もきちんとしていればムレも少なくなるので、さらに出にくくなります。脇にスプレーをする場合は、綺麗な状態でする事も重要です。臭いを消そうとしてスプレーをすると、臭いが混じってさらに変な臭いになってしまうからです。

さらに完璧にしたいのであれば、脇汗パッドを使って汗染みを防ぐ方法があります。

これなら服の汗ジミを防ぐ事ができて、汗による臭いが服につくことを抑える事ができます。風通しのいい速乾性の服を着るだけでも汗はかきますが、脇に滲み出てしまうほどの状態になる事はあまりないです。あまり神経質にならない事も重要です。

【ニオイ対策】制汗剤の効果がないので他にないか調べてみた。

普段、着替え途中にルーチンで制汗剤を塗って出勤していますが、

帰宅して、お風呂に入る前に服を脱ぐとたまーに漂ってくるBad smell(悪臭)…。

年齢のせいなのか、それが日に日に多くなっていく。悲しい現実…。

対策をするために、より強い制汗剤も考えましたが、コスパが悪い!!

そこで何かないか調べてみたところ…

【ミョウバン水】!!これがめっさコスパよし!

焼きミョウバンという粉を使うのですが、500gで600円前後(アマゾン定期便だと500円ちょっと)

今のところ1ヶ月ほど使用して、特に気にならない、作るのカンタンで続いています。

◆作り方◆

※自己責任でお願いします。

【ミョウバン水(原液)】

水 500cc(水道水)

焼きミョウバン:15g

これをペットボトルなどに入れて振ります。

溶け切らないので、2、3日かけて時々振ってあげます。

粉が残らず見た目透明になったら完成。冷蔵庫で1ヶ月は持ちます。

※ミョウバンは粒子が細かいのがオススメですが、けっこう舞うのでマスクして作業した方がいいかもしれません。

◆使い方◆

★まずはパッチテストを行って、お肌に異常がないか確認してください。

空のスプレーボトル等に移して原液をワキの下にスプレーする。

プルーストクリームの効果を徹底検証!購入して3ヶ月使用した私の口コミ体験談!

だけ。簡単。

〇他の使い方

【足のニオイ】

ワキと同じようにスプレーして乾かしたり、定期的に薄めたミョウバン水で10分くらい足湯する。

【お風呂】

ミョウバン水を100cc(コップ半分)くらい入れてはいると、体臭自体が気にならなくなったり、

スッキリします。※これは乾燥肌の方にはオススメできません。

シャンプー時には気になりますが、コンディショナーの時、すすぎを少し少なめにしています。

【洗濯】

ミョウバン入りお風呂の残り湯を洗濯につかったりもしています。

ニオイがきつい靴下はつけ置きするといいと思います。

◆まとめ◆

色々使えそうなミョウバン水ですが、最初は制汗剤代わりに使って、お肌の状態を確認してから色々試してみるのがおすすめです。

靴を選ぶのが大変

私は、足の臭いでずっと悩まされてきたんです。どれだけ足の裏を洗っても、臭いケアを使っても、靴をはいて数時間たつと、かなり臭くなってしまうんです。もしかして靴に原因があるのかと思い、頻繁に中敷きを取り替えたり、消臭剤をかけても結果は同じなのです。

そして、そんな私が一番ストレスに感じるのは、新しい靴を購入しに行ったときなのです。評判以上!プルーストクリームを使ってニオイケアした私の口コミ!

店員さんは、とてもにこやかに試し履きを進めてくれます。

確かに、靴はサイズが書いてあっても、実際には違うこともあるため、1度履いてみた方がいいとはわかっているのです。

ですが、試し履きをするとなると、店員さんがかなり近くまで接近してくるので嫌なのです。もし、臭いに気がつかれたらどうしようと不安になってしまうのです。

きっと、店員さんは表情に出したりはしませんが、それもまたこちらとしては気になってしまうのです。

それで、結局はいつもスニーカーとか選びやすいタイプの靴にしてしまうのです。

本当は、もっとおしゃれな靴も購入したいのですが、やはり1歩引いてしまうのです。

そうして、結局は購入しないままシーズンが過ぎてしまいます。

臭いの問題さえ解決できれば、好きな靴を購入することができるのにと落ち込む日々です。