スキンケア」カテゴリーアーカイブ

ほうれい線が目立ち始めた

ほうれい線が目立ち始めて悩んでいます。

今までこれと言った肌悩みはなく、ニキビや肌荒れなどは特に悩んだことはありませんでした。nicoせっけん

年を取ったらシミやしわが出始めることは覚悟はしていたのですが、その前に一番初めにほうれい線が気になり始めてきてとてもショックでした。

美容には興味がありニキビや肌荒れができた時に効果的な成分やスキンケア商品は沢山調べていました。

しかし、ほうれい線に効果的な成分や商品を全く調べておらず対策の仕方が分からなかったのでとても迷いました。

最近はマスク生活が続いて表情を動かさなくなってしまい表情筋が衰えてしまったことが原因でほうれい線が目立ってしまっているのではないかと考えています。

表情筋を意識して動かすようなトレーニングをしようと思い、マスクをしているからこそできる顔トレーニングを始めました。

ほうれい線を伸ばしたり口の中で舌でほうれい線をおすようにで伸ばしたり、意識してほうれい線が衰えないようなトレーニングをしています。

マスク生活だからこそできることがたくさんあることに気付いたので、この時期を利用して今あるほうれい線を消すことは難しいですがこれから衰えるスピードをゆっくりにできるように頑張ろうと思います。

更年期の目の下のしぶといクマについて

最近 スマホやタブレットの使い過ぎと、認めたくないけど 年齢による(更年期)による睡眠不足で目の下にくっきりとしたクマが出来てしまいました。思いっきり自律神経がおかしくなって眠れない日々も続いているのが原因かなあ。鏡を見るたびに立派なクマを見ては、がっかりします。

nicoせっけんの口コミを完全レポート!使い方から効果までを暴露します!

ネットでいろいろ調べて努力してみました。例えば、ホットタオルと保冷剤。交互にあてたら血行が良くなるかなと思ってやってみたけど、変わりませんでした。ツボ押しもやってみたけど、効果は感じられませんでした。

どちらも、毎日 コツコツやんなきゃだめなのかな。直接触れて 効果を出すのがダメなら 隠してみようと思って、コンシーラーでクマだけ隠してみました。ただ、目の下が分厚くなったような感じでした(笑)黄色のベースクリームはどうかなと思ってつけてみたけど、あまり変わりありませんでした。

そもそも、クマって何?クマは、3種類あるみたいで「茶クマ」「青クマ」[黒クマ」ってあって、茶クマはその名の通り茶色っぽいクマで、アトピー性皮膚炎の既往がある人ができるようです。青クマもその名の通り青っぽいクマで、ファンデーションやコンシーラーで隠せるらしいです。

残りは、黒クマ。目の下に膨らみやへこみがあって、その影がクマに見えてしまうのですって。わたしのクマって黒クマでした。どおりで、ファンデーションやコンシーラーが役に立たないはずですね(笑)

黒クマをなくすには、目の周りを囲んでいる「眼輪筋」を鍛えれば、いいらしいので、目元美容液やクリームでやさしくスキンケアしたりしながら軽くマッサージからトライして、バランスのいい食事と程よい運動も取り入れ、若く見られるよう努力しないといけませんね。

ニキビは健康のバロメーター

学生時代、そんなにニキビに悩まされたこともなく、

できなかったわけでもなく、まあ、人並みでした。

しかし、このコロナ禍、マスクのせいで不衛生なのか、肌への刺激があるからか

ニキビに悩まされるようになってしまいました。

マスクを使い捨ての不織布にしたり、洗える布マスクにしたり、使い分けていたのですが、

それで自然と肌への負担も分散させることに成功しました。

ととのうみすとは販売店で市販されている?購入して使用した効果と私の口コミをこっそりご報告!

それでもやはりまたニキビはできる・・・。

コロナ禍のマスク習慣も長くなってきて、

ニキビができていない時期・たくさんできちゃってる時期があることに気づきました。

そういえば、コロナ前のマスクしてなかった時も、ニキビができるとき・できないときがあったことを思い出しました。

もしかしたら共通点があるかもしれません。

ニキビを見ると気分が憂鬱、なんとなく元気が出ない感覚があるかと思いますが、

これはきっと逆なんだと思います。

体が疲れている時や、元気なつもりでも暴飲暴食で内臓が疲れている時にニキビができやすい。

ニキビは敵ではなく、味方。私にとって健康のバロメーターだと気づきました。

もっと休んだ方がいいですね。

早く、コロナやニキビに悩まされない日々が来ることを祈っています。

顔のニキビのは、早いうちに治療!

私は、中学2年の時くらいから顔のニキビに悩んでいます。

小学校までは普通だった肌が、中学に入学してから急にニキビが酷くなり始めたのです。nicoせっけん

母親には
「母さんは学生の頃、顔のニキビが原因でいじめられていた人を見たことがある」
とも教えられ、本気でニキビを治したくて皮膚科に通ったりもしました。

しかし、20代になった今でも、ニキビの悩みはなくなる事はありません。
もちろん皮膚科にも通って、塗り薬や飲み薬などを処方してもらい、
現在も治療中です。

試せる事は色々試してきたつもりですが、
過去のニキビができた跡は消せないこともわかりました。
もっと早くに本格的に治療していれば、治ったかもしれません。

しかし、消せない跡もあるからと言って治療しないわけにはいきません。
このニキビがコンプレックスである以上、少しでも綺麗な肌になるように治療を続けています。

もしニキビ、顔の荒れなどが気になり始めたら、
「まあいいや」ではなく、傷が浅いうちに早めに治療しておかないと、
数年後には消せない傷跡になる可能性もあります。

人と会話する際にも、相手の人がまず目に入るのは自分の顔です。
そんな顔がニキビだらけだったら、相手も少なからず嫌なはずです。

相手に不潔に思われないためにも、
顔のニキビは気付いた段階で早いうちに治療しておくものです。

以上です。

ありがとうございました。

しみとそばかすの協奏曲

「色白は七難隠す」と、小さい頃はよく色白の顔をほめられていた。当たり前のような白い肌を、特に守るとか教えられないまま、20才にはそばかす女子に育った。まだ若いため、肌にもシミがなく、ハリもあったので、メークで気にならない程度だった。

モイスポイントの効果

姉と行ったエステで、ブルーライトの中、20年後の肌を見させてもらい、そばかすだらけの自分をみて、まさかねと笑い、守りに入らず35才。俗にいうお肌の曲がり角を例外なく迎えた。一日60km走る訪問看護の車の中、紫外線は容赦ない。毎週土日に行われる息子のサッカー観戦、日焼け止めなんか秒で落ちる。

守り方を知らない私の肌はついに、玄界灘を突破した。「色白だね」「ファンデーション何使っているの?」「化粧水どの美白シリーズ?」とかもう聞かれることは皆無になった。

20歳の頃に、まさか笑とわらった、あの時の顔に本当に近づいてきた。シミ予備軍は、ベンチ入りから、もはやスタメン選手。しかもベンチにも有望な予備軍が登場は今か今かと、活気づいている。そばかすとそばかすが、結合し、さらに横のシミと運命共同体となり、協奏曲が聞こえるようになってきた。人生80年として、折り返し地点。もはや減らせない。どうベンチ入り選手たちの勢いを削るかが、今後の私の大きな課題だ。

しわやシミ対策としては紫外線を避ける事が大事

30歳を過ぎたあたりからは、肌の老化が目に見える形で分かるようになりしわやシミなどに苦しんでいる人も多いです。もちろん、老化現象は誰にも止める事ができないので仕方がない感じですがそれでもしわやシミを出来にくくしたりする事が可能です。

http://www.itf-france.com/
そこで、しわやシミで悩んでいるのであればまず紫外線を避けるようにします。紫外線は、適度に浴びるぐらいであれば体にとって良い効果をもたらします。しかし、長時間浴びると逆に体に悪影響がでてしまいしわやシミなどの原因になるので、いかに紫外線を避けるかが予防につながります。もちろん、今の状況を悪化させないためにも大事な事です。

紫外線を避けるためには、いくつかの工夫があり例えば日傘や帽子などがおすすめです。もちろん、日焼け止めなどを塗って万全の対策をした上で外出するようにします。さらに、曇りでも紫外線が地表に届くので太陽がでていない日でも紫外線対策をしていきます。

他にも買い物に行くのであれば日が落ちてから出かけるなど少し時間をずらすだけでも紫外線の浴びる量が減ります。しわやシミは美容商品を利用するだけでなくて、普段の生活でも意識していく事が重要です。また、露出度が高いと紫外線を浴びやすいので露出度が低い服を着るのもポイントです。

糖抜きで肌の酸化を防ぐ

家族が病気になってから健康を意識した食事をすることがより増えてきたのですが、その中で実践してみて肌にもいいのだと知ったことをお話しします。
それは糖抜き。

効果はどう?巣顔美人を購入して3ヶ月間飲んでみた私の口コミ!

ダイエットをしたことのある方ならばもしかして耳にしたこてとがあるかもしれませんが、糖質を控えることはさまざまな病気にも有効的だと言われています。
例えば、ガンの増殖を抑えるために糖を控えることが有効的だとされているようですが、糖は癌のエサになると考えられ、糖はカラダを錆びさせる要因だと言われているようです。

いわゆるカラダを酸化させてしまうということ。
それを肌とは違う視点から知り、糖を控えることで私も肌トラブルをおこしにくくなり、肌の状態が若返ったと実感しています。
方法は簡単。

炭水化物やお菓子などの糖が多く含まれる食事を控えるだけなんです。
糖質は炭水化物だけでなく、野菜にも含まれているものです。
完全にゼロにすることには無理があります。

なので、出来る限り口にしないレベルで私は糖質を控えました。
今は、低糖であることをうたう商品も手にできますし、栄養学が無知でも挑戦しやすいと思います。
カラダもスッキリ、健康に!

肌も改善されて一石二鳥な方法ですよ!

私がニキビを減らす上でしている事

どうも、今回は美容に関してという事で「私がニキビを減らす上でしている事」というタイトルで書いていこうと思います。

皆さんはご自身で何かニキビが出来ないように対策をしていることはありますか?

お肌のケアであったり、色々しているのではないでしょうか。効果あり?モイスポイントを使用した口コミを暴露!

ですが、ニキビというものはそれだけでは改善されません。

私がお肌のケア以外にニキビを減らす上でしていることが2店あります。

それは、健康的な食事を取る事と、しっかりとした睡眠時間の確保です。

お肌だけケアをすれば治るという事はありません。

やはり体を労わってこそ、お肌にもその恩恵が現れる訳ですね。

まず、食事に関してですが、特にこれだけは気を付けないといけないと思うのは、油分の多い食事を控えるというものです。

油分の摂り過ぎによって、ニキビが出やすくなるというのは有名な話だと思います。

油ものは控えるのもそうですが、お菓子にも油分が多く含まれているので控えた方が良いかもしれません。

ナッツ類やチョコなど思ったより油分が多いので、間食でよく口にしているのであれば量を減らしたり食べないなどして対策する必要がありますね。

次に睡眠に関してですが、こちらは寝ている間にホルモンが分泌されます。

それによってお肌などの体の細胞の再生が行われるわけなのですが、睡眠不足であるとこちらが充分に促されません。

結果としてニキビができやすくなりますし、更にニキビが治りにくいという負の連鎖が起こります。

こういった負のサイクルを生まないためにも、健康的な食事を心掛け、十分な睡眠時間を確保する、といった基本的な生活を送ってください。

相すればきっと身も心も綺麗になること間違いありません。

コロナ禍になってから老けました

32歳で第一子を出産したあたりから、毛穴の開きが気になるようになりました。それまでは学生時代から月に一度エステへ通っていたのですが、妊娠を機会に行くのをやめてしまったことも原因だと思います。

http://www.boedo-tango.com/

子供が小さい頃は、育児におわれて自分に手をかける余裕もなく、シリーズで揃えていた化粧品もオールインワンにするなどで乗りきったのですが、やはりシワやタルミが少しずつ気になるようになりました。

子供が保育園に通うようになってからは、預けている時間に、再びエステに通うようになり、年齢を伝えると5歳は若く見えると驚かれるほどにお肌が復活しました。

ところが、コロナが流行りだしてからマスクをしているのが当たり前になったので、化粧をしても顔が隠れるので眉毛しか書かなくなり、しまいには顔さえ洗わなくなりました。2日連続顔を洗わないなんて当たり前の生活をしていたら、肌が乾燥して毛穴がぱっくり、鼻の黒ずみもびっしりになってしまいました。マスクをしていない時は、鏡を見るたび毛穴が気になりお手入れを気をつけていたのですが、マスクをしているので目につくことがなくなり、気がついた時にはひどい乾燥で小じわができていました。おかげで今は年相応の顔に老けました。マスクをつける習慣があるあいだに、肌を元にもどせるよう頑張ります。

鼻のかみすぎで、肌がボロボロに…

私はハウスダストのアレルギーがあるようで、急にくしゃみが連発して止まらなくなることが多々あります。そうなるとティッシュが手放せず、延々と鼻をかむ羽目になるのです…。

【本音口コミ!】チェルラーブリリオを購入したアラサー女子がその効果を暴露します!

そして、気がつくと鼻は真っ赤に。そんなときが続くと、小鼻の赤みだけでなく乾燥も目立つようになります。さらにひどいときは、鼻の皮がむけてガサガサになってしまうんです。今はマスクをすることが多いのでまだ良いのですが、そのうちマスクをしなくなることを考えると気が重いです…。こんな鼻、人に見せられません!!ワセリンを塗って応急処置はしているのですが、もっと良いケアの方法はないのかなぁと悩んでいます。

もともとオイリー肌で、鼻の毛穴汚れも目立つので、ワセリンは私の肌に合っていないと思うんです。かといって化粧水や乳液だと限界があるだろうし…。難しいです。普段のケアはそんなに念入りに行っていないので、それも原因の1つかもしれません。ひとまず普段のケアをもっと丁寧にするようにして、鼻をもっと保湿して、様子を見てみたいと思います。何か変化があると良いのですが…。コロナは落ち着いて欲しいけど、私の鼻がなんとかなるまでは、マスクなしの生活に戻ってほしくないです…。

眉間の縦しわがどうしてもとれない

自分はもうすぐ50歳になりますが、同い年の友人に比べても目じりなどにしわがないので「自分はしわが出来にくい体質なのだろう」と高をくくっていました。ところが、先日久しぶりに前髪を短くカットしたところ、眉間に二本、とても深い縦しわがあることに気が付きました。

ラントゥルース

皮膚が分厚い眉間に、くっきりと出来たしわだからでしょうか、マッサージをいくらしてもしわが取れません。「横しわは幸せの証拠、縦しわは不幸せの証拠」という言葉を若いときに聞いたことがあります。横しわは笑うことによって出来るしわなので、いくら作っても良いが、縦しわは顔をしかめたときに出来るしわなので、作らないほうが良いという話だったっと思います。

思い返してみると、年齢とともに目が見えにくくなり、目を凝らすために眉間に「ぐっ」っと力を入れてものを見ることが増えたように思います。

そのような動作を繰り返していた結果、眉間に縦しわが深く刻まれてしまったのではないでしょうか。これからは、「目が見えない」という年齢を受け入れて老眼鏡を買うなりして、眉間にしわを寄せないことから始めようと思います。また、おふろなどで継続的にしわのマッサージをしたいと思います。

化粧品のあれこれ等について

化粧品を日本国内で上市(製造・販売)するには、事業者は化粧品製造販売業許可を取得する必要がある。また、製品ごとに化粧品製造販売届が必要である。

輸入販売する事業者は化粧品製造販売業許可と製造業許可を取得する必要がある。さらに輸入品目ごとに化粧品外国届、化粧品製造販売届、化粧品輸入届の3つの届出が必要である。

モイスポイントの効果を暴露!話題の人気アイクリームを使った私の口コミ!

日本国内で上市する商品には特別な場合を除いて容器とそれを覆う外箱に全成分、内容量、製造販売業者(輸入業者)の表記が必要である。

「オリンピックは無事に開かれるのだろうか?」
これは最も疑問なところだと思いますが、日本人にとって今年1年は誰もが本当に開かれるのかと言うことで注目している一年になるのではないかと思っています。

オリンピックの公式Twitterアカウントのヘッダー画像が、東京五輪から2022年冬季の北京五輪に変わったことが、注目を集めている。新型コロナウイルスの感染拡大や森喜朗会長の女性差別発言など、五輪の開催可否を問う報道が続くなか、ネット上では「東京五輪は中止?」という憶測や不安も広がった。

あるとすれば
2021年7月23日から8月8日までの17日間、日本の東京都で開催される予定のオリンピック競技大会と言うことになるわけです。

「マスク荒れ」を起こした私が気を付けたこと

コロナ流行に伴い、マスクをする生活が当たり前になりましたね。

今までは普段から風邪を引くことがなく、花粉症でもないのでマスクとは無縁の生活を送っていました。

昨年の2月頃からマスクをしないと白い目で見られてしまうような生活に変わり、私も感染予防として着用していましたがマスク生活で「マスク荒れ」を経験しました。

マスク生活が始まって数日後、プツッと小さなニキビができたので「寝不足かな?」と思い、いつも通りペアアクネクリームを塗っていました。

ところが、1週間ほどすると頬も顎も赤ニキビで埋め尽くされました。

メイクで隠せるわけでもなく、鏡で顔を見ると自分の顔だと思いたくないほど表面はデコボコ…。

「絶対人前でマスクを外したくない。外せない。見られたくない。」と思いながら仕事や買い物へ行っていました。

ビマジオは販売店で購入可能?市販状況や私の口コミ効果をレポートします!

ペアアクネクリームをかかさず毎日塗り、1週間程経っても少しもよくなることはありませんでした。

初めてのことでどうすればよいか何も分からず、治らなかったらどうしよう。なにか病気なのかな。と毎日不安は大きくなっていくばかり。

そんなころに「マスク荒れで皮膚科に行く人が多い」という話しを耳にし、自分がマスク荒れを起こしていることに気付きました。

そして気づいた後は

・化粧水をビタミンC誘導体配合の物に変更

・お風呂上りにたっぷり化粧水をつけたコットンパックを5分

・帰宅後すぐにメイク落とし

・寝る前にビタミンC美容液をたっぷり塗る

・マスクを布マスクに変更

たった5個ですが、これを行いました!

肌の荒れ方がかなり酷い状況からスタートだったので、完全によくなるまでには3週間程かかりました(^_^;)

今でも変わらず上記の事を継続しているので、肌荒れはしていないです♪

長年悩まされたニキビ。解決方法は簡単なことでした!

私は長年ニキビに悩んでいた主婦です。

中学生の頃からニキビが鼻やおでこなどにぽつぽつと出来始め、社会人になってからは不規則な生活が続く上にストレスも重なり、ニキビが顔全体に広がるようになりニキビ跡にも悩まされるように…。

「ニキビに効く!」と言われるスキンケアはだいたい試しましたし皮膚科にも通いましたがそれでも全く治りませんでした。

ととのうみすとの効果

そして結婚、出産を経て、現在33歳。

ニキビ跡はやはりまだありますが、新しいニキビはほとんど出来なくなりました。

変わったことといえば、生活習慣。

現在の生活はというと、朝・昼・夜の3食を栄養バランスの良い食事をとり、朝は6時に起床し23時までには就寝。

スキンケアなどは特別なこともしていませんしサプリ等も飲んでいません。

やはりニキビを治すには、生活習慣をまず見直すことが大切なのだろうなと思います。

(ニキビだけではなく、肌の悩み全般的にいえることですが…)

20代の頃は夜更かしばかりしていたので(化粧をしたまま寝たりも…)、いくらスキンケアにお金をかけていても、その生活習慣だと治らないだろ!と昔の自分に言ってやりたいです。

30代になり、20代の頃にはなかったシミやほうれい線といった新たな悩みが出てきましたが、

「規則正しい生活を送る」「栄養バランスの良い食事をとる」のベースは大切にし、新たな悩みと戦っていきたいと思います。

小さいころからの肌の悩み

私は小さいころから美容に全く興味が湧かず、裕福な家庭じゃなかったのでメイクはもちろん、肌のスキンケアのやり方すらわかりません。

ニキビができると毎度つぶしていました。ビハキュアの口コミ

美意識の高いお母さんが使っている化粧品やクレンジングを使うように言われ、使ってみるとますます肌に合わず荒れていくばかりで、なかなか自分の肌が綺麗になりませんでした。

日焼け止め効果のあるファンデーションをプレゼントでもらってからは、どこか出かけるたびに使用していましたが、広告やCMのようにニキビが隠れたり、何かが変わることはありませんでした。綺麗になるどころか、肌が汚くなっていく一方で「よくこんな効果がでてるかもわからないもの買えるな」と思っていました。ただ、自分の肌に合っていないだけだということに気付きませんでした。

思春期になると今までよりいっそう肌荒れが酷くなり、ニキビはたくさんできまくり、肌がデコボコになっていき、とうとう自分の顔を見ることが嫌いになっていきました。こんな肌誰にも見せられない・・・。そんな気持ちからマスクを愛用するようになりました。

相談できる人もいなかったので、自分なりに調べ、格安で効果のあるものはないのかとネットで探しつづけた結果、自分の肌質が敏感な乾燥肌だということが分かり、お母さんが使っていたものは自分の肌に合わなかっただけなんだと初めて知りました。それからは、できる限り肌のスキンケアを頑張りました。まだ、完全に良くなったわけではないですがニキビはおさまりつつあります。

肌の赤みにも悩んでいましたが薄くなって「健康的な肌になったね」と周りから褒められるようになりました!もっとはやく、肌について興味をもっていたら・・・

と少しだけ後悔してますが、これから頑張りたいと思います!今度はメイクに挑戦してみようと思います!

白いがゆえに…

私は遺伝的に色白で、その点はよく皆さんにうらやましがられるのですが、その一方でシミやそばかすが目立って仕方がありません。「そんなのうらやましい悩みだよ」と言われたりもするのですが、本人としては大きな悩みなんです。http://www.boedo-tango.com/

特に、子どものころからそばかすが多く、30歳を過ぎてからはシミもうっすらと目立つようになり始めました。高校生まではお化粧にもあまり興味がなかったため、日焼け止めすら塗っていなかったことを、今になって後悔しています。

現在は年中の日焼け止めはもちろん、極力日傘を差し、紫外線対策に力を入れています。ちなみに、あまり肌が強くなく、紫外線吸収剤やエタノールが入っているものは使えないので、肌への負担がなく、使い心地がよく、効果も満足できる日焼け止めを探すのも一苦労です…。シミ対策の美容液なども有名どころを試しましたが、私にはあまり効果が感じられず、挫折してしまいました。美白対策のビタミン剤だけは長く続けて服用しています。とりあえず、目に見えて悪くはなっていないので、きっと効果あるものと信じています(正確には、信じたい…の方が正しいかもしれませんね)。今後、年齢を重ねるにつれて悩みは尽きないと思いますが、それも受け入れて付き合っていこうと思います。

なんでこんなに頑張ってるのに

 僕は大学生の男で、肌が汚くて困っている。まずニキビがすごい。中学生の時よりはひどくないけど、そのときにケアをしなかったため、ニキビ跡やぶつぶつがいたる所にある。美容クリニックに行ったり、皮膚科に行ったり、毎日顔を洗ったり、毎日化粧水付けているけど、昔のニキビ跡とか一向に消える気配がないし、新しいニキビが絶え間なく出てくる。

http://www.cyberdvdfilm.com/

 毎日鏡を見るたびに憂鬱になってくる。なんで自分はかっこいい顔でもない上にこんなに汚いんだろうと思ってしまう。かっこいい人可愛い人はなんであんなに肌が綺麗なんだろう。生まれ持った素質が違いすぎて辛い。肌が汚いと気分も沈むし、自分に自信がなくなってくる。もう整形したいとも思うけど、そんなお金もない。

 僕には胸とか背中にもニキビが多くある。youtubeで紹介されていた洗顔フォームで胸などを洗うということをやってみたけど、それも一向に良くなる気配がない。肌をもう全て入れ替えたい。現代の技術でそれは可能なのだろうか。このまま就職してお金を貯めて、整形できれば自分に自信が持てるのだろうか。僕は分からない。ただ、五年間の間試行錯誤しても解決しなかったこの肌にはこの先も苦しめられていくということだけはハッキリとしている…あぁ辛いなぁ。

終わらないお肌の悩み

新型コロナウイルスでマスクでの外出が日常となり、女性は顔の下半分のメイクをしなくなった、、、という方も多いと思います。

評判通り!ラントゥルースを購入して使用した私の口コミ&効果をお届け!

マスクをし始めた当初はメイクが楽になった!喜んでいた私ですがマスクと肌が擦れ、顎の辺りがカサカサで肌がボコボコになってしまいました。

なんとか治らないかとシートマスクをしたり、美容液を入念に塗ったりと試行錯誤していますが全然です、、、。

マスク生活前は前でニキビに悩まされていました。私の肌は混合肌タイプのため、カサカサする部分と皮脂が溜まりやすい部分があり、特に小鼻に皮脂が溜まりやすくニキビが出来ていました。

毎朝、鏡を見てはまた今日も出来てる、、、。と落ち込みながらメイクをしていました。いつもそのニキビが気になり、潰してしまったりもして跡になることも度々ありました。

学生時代は特にニキビがひどく、鼻の頭に出来るなんてことも、、、。あまりに腫れあがり、皮膚科に行き針で膿を出していただきました。その後、鼻の頭に絆創膏を貼られそのままアルバイトに行き、飲食店だったのでお客様に笑われるなんてこともありました、、、。女子大学生の私はそのことでひどく傷ついたのを覚えています、、、。

不思議なことにマスクをし始めてからはひどかったニキビたちはほとんど出来ることがなくなりました。

ニキビがなくなり次はカサカサ肌でなかなか肌悩みのない日々は来ないものですね、、、。

乾燥による大人ニキビと小じわについて

肌が脂っぽくて出るニキビと、大人になってからのニキビは種類が違います。40代の今出ているのは加齢による乾燥からのニキビです。ライスビギンの口コミ評価

痛くないし小さいけど白ニキビで悩んでいます。思わず爪で潰したくなるのをぐっと我慢してるんですよ。手持ちの化粧水では潤いが足りないと思い、無印の敏感肌用しっとりタイプの化粧水に買い換えてみました。とろみのない使用感で、べたつくのが嫌な私にはぴったりでした。またアラントインという成分が入っていて、炎症を抑える効果があるらしいです。

おかげでニキビが小さくなったような気がします。さらに潤いが欲しいと思ったので、コラーゲン、セラミド、ホホバオイルなどが入ったオールインワンジェルを重ね塗りしています。

ドラッグストアで買ったプチプラなものですが、これが大正解。使用したらニキビが小さくなったように感じます。肌が前よりしっとりとしたようです。さらに乾燥による小じわにも悩んでいました。頬のちりめんじわです。鏡をみるのが嫌になっていました。

でも買い換えた化粧水とオールインワンジェルのおかげで、小じわも薄くなった気がします。お肌の悩みはつきませんが、これからも保湿に気を付けてスキンケアを楽しみたいと思っています。

同じ仕草

私の場合、顔のコンプレックスと、お肌の悩みはセットになってしまっています。

特に、口元のほうれい線は10代の頃からあって、そもそもほうれい線ではなく、こういう顔のつくりなのか?と思いたくなるほどです(笑)

評判以上!ポラッシュの効果と私の口コミ体験談!

目鼻立ちのはっきりとした顔立ちでは無いので、同年代の人と比べるとホリ

が浅い分、シワの数も少なかったのですが、最近ではグンと増えてきたように思います。鏡を入念に見れなくなりました…。

なんでしょう。。。こう、シワが気になり始めると、友人と楽しく話しているときに笑いジワが増えてしまうんじゃないかと気がかりになって、目尻を抑えるようにもなってきました。

そこで、ハッと気付いてしまったんです。

これは!昔、近所のおばさま達がしきりに取っていた仕草ではないですか!?!

やっと、あのおばさま達の仕草の意味が知ることが出来ました。

けど、全然嬉しくないし。

皺が増えるというのは、刻まれた皺をどうにか隠そう、どうにかこれ以上増やすまいとする仕草や行動が自ずと連動していくんですね。

身を持って理解しました。

シワを気にせずに、大笑いし続けたいです

何をしても治らないひどいニキビが劇的に良くなったある行動

中学生になった頃、初めてのニキビができました。最初はすぐ治ると思っていましたが、中学へ通う3年間ずっと頬に溶岩が沸いているようなボコボコで真っ赤なニキビが消えることはありませんでした。

元々明るい性格でしたが、顔をあげるのも辛くて中学生活はあまり思い出したくないことばかりです。

ヴィオテラスHSCセラムの効果を徹底検証!ネット上の評判や私の口コミ体験談

お陰で勉強だけは頑張りました。

勉強はやれば結果が出るし、成績が良ければ褒められます。お肌はどんな工夫をしても全く良くなりませんでした。病院に行ったり、ニキビに効く化粧品を試したり、出来ることは全てしましたが全く効きませんでした。

思春期ニキビは高校生になっても続きましたが、それまで何をしてもダメだったのに劇的に良くなる事がありました。私は高校生になってテニス部に入ったので夏に真っ黒に日焼けしました。その日焼けした黒い肌がポロポロとめくれた後、私の肌は生まれ変わりました。卵の皮が剥けたようにつるんと白い肌が下から出てきました。

その後、肌はケアすればするほど調子が良くなりました。私が中学生のニキビができ始めた当初から気をつけていたことは、ニキビを潰さないことと、汚い手で触らないことです。ニキビあとはそのお陰もあってか症状の深刻さからは想像できないほど少なく抑えられていると思います。

今の悩みは毛穴の開きと黒ずみ。お肌は一生のテーマです。