スキンケア」カテゴリーアーカイブ

お肌を綺麗にする方法【高級なスキンケアだけじゃない?!】

皆様は、「お肌を綺麗にする方法とは?」と聞かれたときなんと答えますでしょうか。

答えの多数は、高級なスキンケア用品を使うこと、だと思います。

高級なスキンケア用品を使うことでお肌がモチモチになったり、化粧ノリが良くなった!と実感する方にも是非試していただきたい、お肌を綺麗にする方法をご紹介いたします!

1.お菓子、脂っこい食事を減らす

いくら高いスキンケア用品を使っていたとしても、食べ物を疎かにしてはお肌は綺麗になりません!

お肌のタイプにもよりますが、お肌がすぐにテカテカになる方や、毛穴が開いている方はまずは食事を見直しましょう。

2.ストレスを溜めない

病気になると「ストレスが原因です」と言われた経験はありますよね。そのストレスとは、人によって違います。

http://colorless.hacca.jp/

仕事で指示をもらえないのがストレスを感じる人もいれば、自分で考えて行動したいのに指示されるとストレスを感じる人もいます。

高級なスキンケア用品を買う→お金が無くなる→イライラして八つ当たりをしたり暴飲暴食になる→お肌のトラブルになり高いスキンケア用品を…と、高級なスキンケア用品を買う前に予算にあったスキンケア用品を購入してたっぷりと肌に潤いを与えてあげましょう。

また、精神病になると制限なく糖分を摂取してしまうので、自分にとって何がストレスになるか、をじっくりと考えて行動してみてください。

3.顔に触れる回数を減らす

顔の皮膚はとても繊細で、無意識に顔を触ってしまい指の皮脂が原因でニキビができる事があります。

また、スキンケアの時にはお肌にやさしいコットンを使用したり、手で化粧水などをつけるときは顔と手のひらがくっつかないようにたっぷりとスキンケア用品を使用しましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

今回は、高級なスキンケア用品を使用する以外にお肌を綺麗にする方法を3つご紹介しました。

ぜひ参考になっていただけると嬉しいです。

女心と肌の空~変化を恐れずに~

 混合肌の私は10代の頃から一年中肌トラブルに悩んでいました。頬や口元は乾燥しているのに、Tゾーンは常にテカってしまうというWパンチです。特に思春期の頃は人目が気になり、休み時間の度にあぶら取り紙で皮脂を抑えることに必死。ニキビは鼻と顎にできやすく、目立つ部分なので恥ずかしい思いもしました。雑誌などに載っている思春期の肌トラブル用化粧品も親に頼んで使っていました。

ロザリティウォータリーマスクの本音口コミ!効果やネット上の評判から解約方法まで完全レポート!

 過去で一番肌に悩んだ時期は産後。妊娠中はむしろ肌の調子がよかったのに、産後のホルモンバランスの乱れやストレスによってひどく荒れ、人生で初めて美容皮膚科にお世話になることに。そこでステロイド剤を処方されたのですが、副作用があるためなかなか完治が難しく、悪化したり薬で抑えたりの繰り返しが2年ほど続き、とても辛い期間でした。肌が荒れていると化粧ノリも悪くてテンションが上がらず、出かけるのも億劫になってしまいました。なんとか続けて敏感肌用の化粧品もいくつも試して、ようやく落ち着かせることができました。

 30代になった今は以前ほど大きく荒れることはなくなりましたが、今度は年齢ならではの毛穴、たるみ、ほうれい線が少しずつ気になるように。子育てをしながらだと自分の肌ケアにゆっくりと時間をかけることが難しく簡単なケアで終わらせがちですが、5年後10年後のことを考えると今しっかりとケアしておかなければとも思います。美容液成分入りで毛穴ケアもできるクレンジングで時短ケアをしたり、子どもと一緒に入るバタバタなお風呂あがりに濡れたまま使えるオイルを付けたり…できる範囲で肌をいたわっています。

 年齢が変われば悩む肌トラブルも変化しますが、できればいつまでも綺麗でいたいという願いは諦めずにいきたいのが女心。きっとこれからもずっと続く肌の悩みですが、誰かのためではなく自分自身が満足できたり、自分をもっと好きになったりできたら素敵だなと思います。

遠い話だったシミの悩みが…

私は35歳女性です。

お肌の悩みや自分に合ったスキンケアを探す旅が尽きない日々を送っておりますが、ここ数年の一番の悩みは「シミ」です!

30歳を過ぎた頃から「あれ、こんなところにそばかすあったっけ?」や「ほくろが増えたな」とは感じていましたが、10~20代の頃は「シミそばかすって何よ?」くらいで、私には無縁の遠い話でした。

若い頃はむしろニキビや肌荒れに悩んでいました。nicoせっけんの効果を徹底検証!購入して3ヶ月使用した私の口コミ評価!

中学校時代はソフトテニス部で、高校はブラスバンド部で部活に明け暮れ、10代の6年間はこんがり真っ黒肌で過ごしました。

(ブラスバンド時代はマーチングの練習をグラウンドで行っていたので、文化部なのに春から秋まで外に出っぱなし!)

面倒になって日焼け止めを塗らない日もあり、たくさんのお日様を浴びて来た日々…あの時のツケが今来ているなと過去の自分を恨んでいます。

そんなこんなで現在の私はシミ対策に余念がないのです。

混合肌なので、テカるところと乾燥するところがあってスキンケア選びもいつも悩みます。

いくら良い商品でも続けられる金額のものでないといけないので、いつもネットで「スキンケア 30代 おすすめ プチプラ」などと検索して、

良いなと思ったものを試すようにしています。

まだコレだ!と思うものにはたどり着いておらず、スキンケア探しの旅もまだ道半ばです…。

小さいシミはスキンケアで予防・ケアしていこうと思っていますが、目尻と頬の中間くらいに1㎝くらいのシミがあります。

年々濃く大きくなって順調に成長しているようで…。

「このコロナ禍でマスクをしている事が日常であれば、治療後に絆創膏などを貼っていても隠せるのでは!」と考え、

意を決して、その1番目立つシミをレーザー治療で取ることにしたのです!

(レーザー治療でシミを取ったあと、数週間は治療後を日に当てないようにテープのようなものを貼って過ごすと聞いていましたので、

貼っているのが目立つのはイヤだなと躊躇していました。)

さっそく友達に紹介してもらったクリニックに予約を取りました!

まだ解決はしていませんが、初めての治療だし取れるのも楽しみだし、ドキドキわくわくです!!

これから夏に向けて露出が増えるので、予防もしっかり取りながら、自分に合ったケアを探し続けます。

私が抱えているお肌の悩み

子供の頃は、お肌のことなど全く気にすることなく生活し、夏に日焼けをして皮がむけても

アスハダの効果と私の口コミ!購入して3ヶ月使用した体験談をレビューでお届け!

秋になれば元に戻り、洗顔をした時も水をはじいておりました。今振り返ると、気が向いた時にたまに化粧水をつけていた時のことが懐かしいです。しかし時間というものは冷酷で、年を重ねれば重ねるほど今まで全く気にしていなかった、お肌の悩みが次々と出てきてしまいます。

仕方のないことでしょうが悲しいですね。今回は私が持っているお肌の悩みを紹介していこうと思います。1,毛穴の広がり。気がついた時にはなぜかもう毛穴がぽつぽつと開いていました。開ききった毛穴を塞ぐ対策はあるのでしょうか。

また毛穴のつまりを出そうと爪で詰まりを押し出すと、今度はそのところの毛穴が開いてしまいますよね。しかも毛穴のつまりの除去ってなぜか、中毒性があり頻繁にやってしまいます。その頻度もどの程度やればいいのか分からないですし、そもそもやって良いものなのかも分かりません。

2.しみとそばかすについて。若い時に屋外で競技する部活をやっていたためのにもかかわらず、当時はスキンケアをしっかりしていなかったからでしょうか、今になってしみそばかすが表れてしまいました。だいぶ化粧に時間がかかってしまいます。みなさんと共有できるようなお肌のお悩みではないでしょうか。

妊娠によるしみの増加と乾燥について

現在、妊娠10か月目の妊婦です。http://www.juanalamo.com/

妊娠するとつわりや、便秘など今までにない体調の変化が現れました。

その中でも私が気になり始めたのは『しみ』と『乾燥』です。

もともと乾燥肌で、妊娠するまでは針美容に通ったり、パックで念入りに保湿していました。

ケアすることで何とか、日中は乾燥に気を取られることなく生活していました。

しかし妊娠に伴うつわりから、化粧水/化粧品の匂いにも抵抗が出てきたため今まで通りというわけにいきませんでした。

また化粧や日焼け対策も行わないことに加え、新型コロナウイルスの影響により日常的に、マスクで顔を隠すことから摩擦などでさらなる

乾燥小じわとしみの生成が激しくなっていきました。妊娠後期になると少しずつつ、つわりが収まり化粧水やパックなど利用できるように

なりましたが、一度できてしまったしみは簡単に消えることはありません。体調が落ち着いた今はデパートに出向き美容成分の多い、化粧水を利用して

汚肌を美肌に変えるため、日々奮闘中です。妊娠前に利用できてたもの、好きだった匂いも妊娠を機に抵抗がでてくることもあります。

それがさらに美容に関わるものであると、よりショックが大きいです。ですが体調が落ち着いてきた今、残されたひとり時間(出産までの時間)を使い、

悩みである『しみ』『乾燥』を改善していけたらと考えてます。

数万円の美容液に値する格安クリームとは!?

 一時期テレビやマスメディア全般で注意喚起がおきて、ちょっとした社会問題にもなった都市伝説風の万能美容クリームとして処方箋薬や有名になったのは[ヒルドイド]という肌荒れのためのクリームで、主にアトピーの人の肌の乾燥をやわらげたり、手のあかぎれなどの肌荒れ用に処方される医薬品でした。

評判どう?ちゅらかなさの効果

これに目をつけた人から多くの人に[万能高級美容クリーム]として広がったのですが、あまりにも多くの美容目的でヒルドイドに頼る人が増えたため、国の健康保険にしめる金額が莫大な金額になったため、ヒルドイドを保険適用外にして10割負担にする可能性もあるとのおたっしが流れましたが[ヒルドイド警察]まで現れて、SNSの書き込みに対して攻撃的なコメントを残す悪は許さない消費者まで出る始末。

 しかしながらヒルドイドは本当に効きます!肌荒れが酷い時の夜に塗って翌日になると、つるつるなテクスチャーの肌に産まれ変わる程の効き目で、顔に塗ると翌朝にはつるっつるの肌に産まれかわってくれます。ヒルドイド自体の効能は血流を良くして肌の正常な産まれ変わりを促すというものなで、普通に考えればそんな美容クリームは販売されていませんが、医療現場では使われているのです。

 さて、美容目的でのヒルドイド使用は避けなければなりません!そこで注目したいのが、ヒルドイドの主要成分は[ヘパリン類似物質]なのですが、今は需要を見込んで同成分で同じ配合量の商品がドラッグストアで買える様になり[ヒルマイルド]を代表する類似商品が安価に出てきました。初診料+診察料+処方箋発行料+ヒルドイド(ジェネリックは安いですがオリジナルはかなり高い)の値段を3割負担で計算すると1本1,000円くらいになりますが、ドラッグストアで買えば、もっと安く買う事が出来て、社会保険システムにも影響を与えません。

 夜顔を洗ってヒルマイルドを薄く顔に塗って、他のオールインワンやら基礎化粧品は必要ありません、翌朝にはつるっつるのテクスチャーになります。これは一週間に一回のパック感覚で、肌のキメが粗くなってきたら使えば良いと思います。高級美容クリームでもなし得ない効果が、ヒルマイルドには期待出来るのです。

アラサーの敵!乾燥。私の改善方法とは

25歳をすぎた頃から、肌の乾燥がとても気になり始めた。
お風呂から上がって、慌てて化粧水をつけなければ不安なほどすぐに乾燥してつっぱる感覚がある。
なかなかうるおいが取り戻せないので、原因を調べてみると肌の厚みが大きく関係しているらしい、、

透輝美の効果を徹底検証!購入して使用した私の口コミ体験談!

昔から肌が薄い方ですぐに赤くほてったり、にきびがめだったりシワになりやすかったりと悩みを抱えていた。
乾燥も肌の薄さが関わっているみたい。
でも逆にいうと肌の薄さを改善させることができれば、肌のいろんな悩みが改善されるかもしれない。

そう思って、最近では肌を育てるケアを始めた。今まではあまり気を使っておらず、肌に関係しているとも思っていなかった食事も少しずつ改善。
野菜を多くとるようにしたり、ビタミンCのサプリメントを飲んだり、、あとはお風呂の後のケア。
無理してばしゃばしゃ化粧水をつけるのではなく、優しくなじませて週に一回は優しい成分のパックを。
出来そうなことは、無理なく試してみた。そうすると、少しずつではあるが、肌に潤いが戻ってきた気がする。

メイクの時もファンデーションがすっと伸び、つっぱることもない。
肌の毛羽立ちもなくなり、もちっとした気がする。体を変えるのは簡単ではないけれど、出来ることから試していくと確実に変えることができるのかもしれない。これからも続けていきたい。

綺麗なお肌になりたいな

今の私の肌は、年相応という感じです。もしかしたら年齢以上かもしれませんが…。
ハリはないしキメは荒いしシミだらけで、とても自慢できる肌ではありません。

モイスポイントの口コミと効果を暴露!最安値で購入可能な通販サイトもご紹介!

コロナによるマスク生活に加えて、産後で育児でバタバタしているのも手伝って、すっかり肌の手入れをしなくなってしまいました。
一応やっている事といえば、お風呂上がりに化粧水とクリームを大慌てでペタペタ。ちなみに最近はメイクすることも少ないので、クレンジングをすることはなく洗顔のみです。

歯磨きの時などはもちろん鏡を見ますが、じっくりと自分の顔と向かい合う事もなくなってしまいました。空がどんどん肌の衰えを加速させた気がします。

現在子供は娘と息子がいます。ありがたい事に2人の子供に恵まれて、育児は大変ながらも子供はかわいくて毎日とても幸せなのですが、自分の容姿には自信をなくす事ばかりです。

前はコスメが大好きだったのですが、今は自分にお金もかけられません。でも今買おうか悩み中なものがあります。それはドゥ・ラ・メールのクリームです。世界中のセレブにも人気の超有名クリームですが、昔使っていた事がありました。その効果は素晴らしく、正につけた瞬間肌が生まれ変わる感じがします。
もう少し落ち着いたらまた使いたいです。

肌の老化

30代に入り、肌の老化現象を感じるようになりました。まず初めに感じたのは肌のハリがなくなって来たという事です。以前は夜顔を洗って、化粧水、乳液を手で軽くつけておけば翌朝にはもちっとした手触りが感じられたのに、今では化粧水、乳液だけでは乾燥が気になるようになってしまい、クリームを何重にも重ねて塗ってねて、ようやく翌朝に少ししっとりとした手触りを感じられる程度です。

【本音口コミ!】ポラッシュの効果を赤裸々レポート!

若い頃に気にしていなかった日焼けも30代に入り、急にシミが目立つようになり、大きなシミの周りには、シミの予備軍のような薄いシミが沢山見られるようになりました。肌がくすんで見える事で、ファンデーションに色がどれを選んでもしっくりこない、夕方になると、白く粉っぽく浮いてしまう等、沢山の悩みがあります。

最近ではマスクをする習慣が増えた事で、口周りの筋肉が衰えてきたようで、ほうれい線も目立つようになりました。とにかくうすいうちに何とかしようと、口周りの体操や、寝る前にスポット的な美容液を口周りに塗ったりと色々試していますが、なかなか効果が感じられません。目じりにもシワが目立つようになり、年齢肌を実感しています。特に気になるのがファンデーションが目じりに笑いじわに沿って跡がついてしまい、より老けて見えてしまう事も悩みです。とにかく何にしても保湿が大切と思うので、小まめにしっかり保湿を言心掛けています。

メイクをするとほうれい線が目立つ…

私は20代前半です。1年程前に出産をしました。ビマジオの効果と私の口コミ!届いた様子から解約方法まで全解説!

妊娠出産を経たら顔に肉が付いてしまい今までは気にならなかったほうれい線が最近出てくるようになってきました。

普段すっぴんの時はそこまで目立たないですが、メイクをするとファンデーションの粉が線状になって浮き出てきます。

時間が経つとすごく目立ってくるので細目にファンデーションを塗っています。とても面倒くさいしファンデーションが勿体ないです。

最近マスクをする機会が増えてマスクで隠れていますが、食事などの時にマスクを取ると余計にほうれい線が浮き出ていてマスクを外すのがとても恥ずかしいです。

自分なりにネットで検索してほうれい線に効く顔マッサージやクリーム等を試してみましたが今の所効果は出ていません。

友達や先輩に相談したいですがその歳でもうほうれい線?やばくない?と思われるのが嫌でなかなか人に相談できていません。

人に話すと少しは楽になるし解決方法が見つかるのではとも思いますが話せていません。1人で悩んでいてストレスも溜まります。

コロナがなくなってマスクをする生活が減ると考えるだけで不安になります。

美容外科で受診しようかとも考えましたが金銭的な面でも、時間の面でも行くことが難しいので行けません。

効果もあり費用も低めで自分で簡単に出来るようなほうれい線を目立たなくする美容法があれば教えてほしいです。

肌は生活習慣で変わる

私は、小中校と肌に悩んできました。

アスハダの効果を徹底検証!購入して3ヶ月使用したアラサー女子の口コミ&評価!

それは、ニキビ、鼻周りの荒れ、そばかす等です。ニキビは、男性の肌は、女性よりも皮脂の分泌が激しいと言われています。なので、男性は、女性よりも肌の手入れをしなければいけないと思います。私自身肌に目を向けたのは、高校3年生の秋から冬にかけてです。私は、約10年間野球をしていました。なので、日焼け止めやスキンケア、アフターケアに全くといいっていいほど、していませんでした。現在は、ニキビ対応のスキンケアグッズが多く出ています。そのグッズの中から、自分に合った肌質のものを選ばなけらば行けません。その点に関しても、肌の悩みだと思います。自分の肌質を理解し、自分に合った改善方法を模索しなければいけません。

ニキビのみならず、シミそばかすも悩みの一つだと思います。これは若いころから、日焼け止めを塗り、予防をしておけばよかったと思っています。

これらの悩みは、おおよそ生活習慣で改善することができると思います。私自身、そばかすや鼻の荒れは、軽減に終わるのですが、ニキビに関しては、食生活、睡眠習慣で治ると思います。実際に治りました。なので、肌は生活習慣が変われば変わるという題名にしました。

私の肌トラブル年表

お肌の悩み、それはどの年代においても無視出来ない切実なものではないでしょうか。現在、三十代も半ばに差しかかる私はこれまで数々のお肌に関する悩みを抱えてきました。中学時代から現在に至るまで、当時悩んでいたお肌トラブルと、試みたケアについて振り返ってみたいと思います。

効果あり?ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトを使ってみた私の口コミレポート!

●中学時代(13歳頃〜)
この年代のお肌トラブルと言えば、ニキビです。私は特にニキビが出来やすい体質のようで、顔だけでなく背中やデコルテ、耳の後ろや頭皮にまでたくさんのニキビが出来ていました。皮膚科へ通い、炎症を抑える薬や抗菌薬などを使用して一旦は良くなるものの、完治するまでには至りませんでした。当時はとにかく脂を除去すればニキビは治ると信じて頻繁に洗顔をしていましたが、保湿の概念は全くありませんでした。現在もニキビ跡や皮膚の凹凸が残っている箇所があります。

●高校時代(16歳頃〜)
スキンケアやメイクなど、美容に興味を持ち始めたこの頃の悩みは毛穴の詰まりと黒ずみです。メイクや汚れがしっかり落とせていなかったせいか、相変わらずのニキビに加えて毛穴が目立ち、毎日鏡を見てはため息をついていました。クレンジングと洗顔には力を入れていましたが、この頃もまだ保湿については無知で、化粧水のみを顔にただ塗るようにつけていました。

●大学時代(18歳頃〜)
少し時間にも余裕を持てた大学時代は、友達と外へ出掛けることが多く、日焼け対策に悩んだ時期がありました。体質のせいか、日焼け後にシミやイボが出来るようになり、美白タイプのスキンケア用品を使用していました。

●社会人(20歳頃〜)
自分の時間やお金を自由に使えるようになり、少し背伸びしたスキンケア用品を時間をかけて使えるようになったこの頃も、相変わらず毛穴の詰まりや黒ずみに悩んでいましたが、それより気になっていたのが乾燥です。顔はもちろん、手脚の乾燥がひどく、湿疹が出来ることもありました。そうして保湿が大切だということを知り、化粧水の浸透をよくさせる導入美容液やパックを使用するようになりました。

●産後(30歳頃〜)
劇的にお肌が変わったと感じたのは、初めて子供を産んだこの頃でした。これまで感じた事のなかった、たるみやシワを意識するようになりました。ずっと悩んでいた目立つ毛穴が下へ引っ張られている様な、顔全体が下がっている印象を受けました。独身の頃とは違い自分にかけられる時間やお金も限られている為、最低限のケアと、これまでは意識してこなかった食生活の改善を試みています。

振り返ってみると、いつの年代でも試みたケアによってトラブルの改善が得られたわけではなく、結局のところ体の内と外、両方からケアしていかなければ理想に近付くことは難しいのではないかと思いました。

ほうれい線が目立ち始めた

ほうれい線が目立ち始めて悩んでいます。

今までこれと言った肌悩みはなく、ニキビや肌荒れなどは特に悩んだことはありませんでした。nicoせっけん

年を取ったらシミやしわが出始めることは覚悟はしていたのですが、その前に一番初めにほうれい線が気になり始めてきてとてもショックでした。

美容には興味がありニキビや肌荒れができた時に効果的な成分やスキンケア商品は沢山調べていました。

しかし、ほうれい線に効果的な成分や商品を全く調べておらず対策の仕方が分からなかったのでとても迷いました。

最近はマスク生活が続いて表情を動かさなくなってしまい表情筋が衰えてしまったことが原因でほうれい線が目立ってしまっているのではないかと考えています。

表情筋を意識して動かすようなトレーニングをしようと思い、マスクをしているからこそできる顔トレーニングを始めました。

ほうれい線を伸ばしたり口の中で舌でほうれい線をおすようにで伸ばしたり、意識してほうれい線が衰えないようなトレーニングをしています。

マスク生活だからこそできることがたくさんあることに気付いたので、この時期を利用して今あるほうれい線を消すことは難しいですがこれから衰えるスピードをゆっくりにできるように頑張ろうと思います。

更年期の目の下のしぶといクマについて

最近 スマホやタブレットの使い過ぎと、認めたくないけど 年齢による(更年期)による睡眠不足で目の下にくっきりとしたクマが出来てしまいました。思いっきり自律神経がおかしくなって眠れない日々も続いているのが原因かなあ。鏡を見るたびに立派なクマを見ては、がっかりします。

nicoせっけんの口コミを完全レポート!使い方から効果までを暴露します!

ネットでいろいろ調べて努力してみました。例えば、ホットタオルと保冷剤。交互にあてたら血行が良くなるかなと思ってやってみたけど、変わりませんでした。ツボ押しもやってみたけど、効果は感じられませんでした。

どちらも、毎日 コツコツやんなきゃだめなのかな。直接触れて 効果を出すのがダメなら 隠してみようと思って、コンシーラーでクマだけ隠してみました。ただ、目の下が分厚くなったような感じでした(笑)黄色のベースクリームはどうかなと思ってつけてみたけど、あまり変わりありませんでした。

そもそも、クマって何?クマは、3種類あるみたいで「茶クマ」「青クマ」[黒クマ」ってあって、茶クマはその名の通り茶色っぽいクマで、アトピー性皮膚炎の既往がある人ができるようです。青クマもその名の通り青っぽいクマで、ファンデーションやコンシーラーで隠せるらしいです。

残りは、黒クマ。目の下に膨らみやへこみがあって、その影がクマに見えてしまうのですって。わたしのクマって黒クマでした。どおりで、ファンデーションやコンシーラーが役に立たないはずですね(笑)

黒クマをなくすには、目の周りを囲んでいる「眼輪筋」を鍛えれば、いいらしいので、目元美容液やクリームでやさしくスキンケアしたりしながら軽くマッサージからトライして、バランスのいい食事と程よい運動も取り入れ、若く見られるよう努力しないといけませんね。

ニキビは健康のバロメーター

学生時代、そんなにニキビに悩まされたこともなく、

できなかったわけでもなく、まあ、人並みでした。

しかし、このコロナ禍、マスクのせいで不衛生なのか、肌への刺激があるからか

ニキビに悩まされるようになってしまいました。

マスクを使い捨ての不織布にしたり、洗える布マスクにしたり、使い分けていたのですが、

それで自然と肌への負担も分散させることに成功しました。

ととのうみすとは販売店で市販されている?購入して使用した効果と私の口コミをこっそりご報告!

それでもやはりまたニキビはできる・・・。

コロナ禍のマスク習慣も長くなってきて、

ニキビができていない時期・たくさんできちゃってる時期があることに気づきました。

そういえば、コロナ前のマスクしてなかった時も、ニキビができるとき・できないときがあったことを思い出しました。

もしかしたら共通点があるかもしれません。

ニキビを見ると気分が憂鬱、なんとなく元気が出ない感覚があるかと思いますが、

これはきっと逆なんだと思います。

体が疲れている時や、元気なつもりでも暴飲暴食で内臓が疲れている時にニキビができやすい。

ニキビは敵ではなく、味方。私にとって健康のバロメーターだと気づきました。

もっと休んだ方がいいですね。

早く、コロナやニキビに悩まされない日々が来ることを祈っています。

顔のニキビのは、早いうちに治療!

私は、中学2年の時くらいから顔のニキビに悩んでいます。

小学校までは普通だった肌が、中学に入学してから急にニキビが酷くなり始めたのです。nicoせっけん

母親には
「母さんは学生の頃、顔のニキビが原因でいじめられていた人を見たことがある」
とも教えられ、本気でニキビを治したくて皮膚科に通ったりもしました。

しかし、20代になった今でも、ニキビの悩みはなくなる事はありません。
もちろん皮膚科にも通って、塗り薬や飲み薬などを処方してもらい、
現在も治療中です。

試せる事は色々試してきたつもりですが、
過去のニキビができた跡は消せないこともわかりました。
もっと早くに本格的に治療していれば、治ったかもしれません。

しかし、消せない跡もあるからと言って治療しないわけにはいきません。
このニキビがコンプレックスである以上、少しでも綺麗な肌になるように治療を続けています。

もしニキビ、顔の荒れなどが気になり始めたら、
「まあいいや」ではなく、傷が浅いうちに早めに治療しておかないと、
数年後には消せない傷跡になる可能性もあります。

人と会話する際にも、相手の人がまず目に入るのは自分の顔です。
そんな顔がニキビだらけだったら、相手も少なからず嫌なはずです。

相手に不潔に思われないためにも、
顔のニキビは気付いた段階で早いうちに治療しておくものです。

以上です。

ありがとうございました。

しみとそばかすの協奏曲

「色白は七難隠す」と、小さい頃はよく色白の顔をほめられていた。当たり前のような白い肌を、特に守るとか教えられないまま、20才にはそばかす女子に育った。まだ若いため、肌にもシミがなく、ハリもあったので、メークで気にならない程度だった。

モイスポイントの効果

姉と行ったエステで、ブルーライトの中、20年後の肌を見させてもらい、そばかすだらけの自分をみて、まさかねと笑い、守りに入らず35才。俗にいうお肌の曲がり角を例外なく迎えた。一日60km走る訪問看護の車の中、紫外線は容赦ない。毎週土日に行われる息子のサッカー観戦、日焼け止めなんか秒で落ちる。

守り方を知らない私の肌はついに、玄界灘を突破した。「色白だね」「ファンデーション何使っているの?」「化粧水どの美白シリーズ?」とかもう聞かれることは皆無になった。

20歳の頃に、まさか笑とわらった、あの時の顔に本当に近づいてきた。シミ予備軍は、ベンチ入りから、もはやスタメン選手。しかもベンチにも有望な予備軍が登場は今か今かと、活気づいている。そばかすとそばかすが、結合し、さらに横のシミと運命共同体となり、協奏曲が聞こえるようになってきた。人生80年として、折り返し地点。もはや減らせない。どうベンチ入り選手たちの勢いを削るかが、今後の私の大きな課題だ。

しわやシミ対策としては紫外線を避ける事が大事

30歳を過ぎたあたりからは、肌の老化が目に見える形で分かるようになりしわやシミなどに苦しんでいる人も多いです。もちろん、老化現象は誰にも止める事ができないので仕方がない感じですがそれでもしわやシミを出来にくくしたりする事が可能です。

http://www.itf-france.com/
そこで、しわやシミで悩んでいるのであればまず紫外線を避けるようにします。紫外線は、適度に浴びるぐらいであれば体にとって良い効果をもたらします。しかし、長時間浴びると逆に体に悪影響がでてしまいしわやシミなどの原因になるので、いかに紫外線を避けるかが予防につながります。もちろん、今の状況を悪化させないためにも大事な事です。

紫外線を避けるためには、いくつかの工夫があり例えば日傘や帽子などがおすすめです。もちろん、日焼け止めなどを塗って万全の対策をした上で外出するようにします。さらに、曇りでも紫外線が地表に届くので太陽がでていない日でも紫外線対策をしていきます。

他にも買い物に行くのであれば日が落ちてから出かけるなど少し時間をずらすだけでも紫外線の浴びる量が減ります。しわやシミは美容商品を利用するだけでなくて、普段の生活でも意識していく事が重要です。また、露出度が高いと紫外線を浴びやすいので露出度が低い服を着るのもポイントです。

糖抜きで肌の酸化を防ぐ

家族が病気になってから健康を意識した食事をすることがより増えてきたのですが、その中で実践してみて肌にもいいのだと知ったことをお話しします。
それは糖抜き。

効果はどう?巣顔美人を購入して3ヶ月間飲んでみた私の口コミ!

ダイエットをしたことのある方ならばもしかして耳にしたこてとがあるかもしれませんが、糖質を控えることはさまざまな病気にも有効的だと言われています。
例えば、ガンの増殖を抑えるために糖を控えることが有効的だとされているようですが、糖は癌のエサになると考えられ、糖はカラダを錆びさせる要因だと言われているようです。

いわゆるカラダを酸化させてしまうということ。
それを肌とは違う視点から知り、糖を控えることで私も肌トラブルをおこしにくくなり、肌の状態が若返ったと実感しています。
方法は簡単。

炭水化物やお菓子などの糖が多く含まれる食事を控えるだけなんです。
糖質は炭水化物だけでなく、野菜にも含まれているものです。
完全にゼロにすることには無理があります。

なので、出来る限り口にしないレベルで私は糖質を控えました。
今は、低糖であることをうたう商品も手にできますし、栄養学が無知でも挑戦しやすいと思います。
カラダもスッキリ、健康に!

肌も改善されて一石二鳥な方法ですよ!

私がニキビを減らす上でしている事

どうも、今回は美容に関してという事で「私がニキビを減らす上でしている事」というタイトルで書いていこうと思います。

皆さんはご自身で何かニキビが出来ないように対策をしていることはありますか?

お肌のケアであったり、色々しているのではないでしょうか。効果あり?モイスポイントを使用した口コミを暴露!

ですが、ニキビというものはそれだけでは改善されません。

私がお肌のケア以外にニキビを減らす上でしていることが2店あります。

それは、健康的な食事を取る事と、しっかりとした睡眠時間の確保です。

お肌だけケアをすれば治るという事はありません。

やはり体を労わってこそ、お肌にもその恩恵が現れる訳ですね。

まず、食事に関してですが、特にこれだけは気を付けないといけないと思うのは、油分の多い食事を控えるというものです。

油分の摂り過ぎによって、ニキビが出やすくなるというのは有名な話だと思います。

油ものは控えるのもそうですが、お菓子にも油分が多く含まれているので控えた方が良いかもしれません。

ナッツ類やチョコなど思ったより油分が多いので、間食でよく口にしているのであれば量を減らしたり食べないなどして対策する必要がありますね。

次に睡眠に関してですが、こちらは寝ている間にホルモンが分泌されます。

それによってお肌などの体の細胞の再生が行われるわけなのですが、睡眠不足であるとこちらが充分に促されません。

結果としてニキビができやすくなりますし、更にニキビが治りにくいという負の連鎖が起こります。

こういった負のサイクルを生まないためにも、健康的な食事を心掛け、十分な睡眠時間を確保する、といった基本的な生活を送ってください。

相すればきっと身も心も綺麗になること間違いありません。

コロナ禍になってから老けました

32歳で第一子を出産したあたりから、毛穴の開きが気になるようになりました。それまでは学生時代から月に一度エステへ通っていたのですが、妊娠を機会に行くのをやめてしまったことも原因だと思います。

http://www.boedo-tango.com/

子供が小さい頃は、育児におわれて自分に手をかける余裕もなく、シリーズで揃えていた化粧品もオールインワンにするなどで乗りきったのですが、やはりシワやタルミが少しずつ気になるようになりました。

子供が保育園に通うようになってからは、預けている時間に、再びエステに通うようになり、年齢を伝えると5歳は若く見えると驚かれるほどにお肌が復活しました。

ところが、コロナが流行りだしてからマスクをしているのが当たり前になったので、化粧をしても顔が隠れるので眉毛しか書かなくなり、しまいには顔さえ洗わなくなりました。2日連続顔を洗わないなんて当たり前の生活をしていたら、肌が乾燥して毛穴がぱっくり、鼻の黒ずみもびっしりになってしまいました。マスクをしていない時は、鏡を見るたび毛穴が気になりお手入れを気をつけていたのですが、マスクをしているので目につくことがなくなり、気がついた時にはひどい乾燥で小じわができていました。おかげで今は年相応の顔に老けました。マスクをつける習慣があるあいだに、肌を元にもどせるよう頑張ります。