肌を綺麗に保つために

肌を綺麗に保つコツは複数ありますが、一番よくて誰にでもできることは洗顔する際に細かく泡立てた泡で顔全体を洗うことです。洗顔フォームを適量出して泡を作る際、細かい泡を作るため水を少しだけ使い、優しく泡を作ってあげるのがコツです。水の量が多いと優しく泡立てても泡自体が大きくなってしまって、顔の毛穴を丁寧に洗える程の泡を作ることができないのでせっかくの洗顔の効果が半減してしまいます。

http://www.frplast.org/

自分で泡を作るのが面倒な方は、最近は泡洗顔フォームが販売されていたり、泡立てネットが売っているのでそちらで簡単に泡を使りましょう。鼻やおでこ、口の下辺りは汚れが溜まりやすく、ニキビができやすい箇所なので丁寧に撫でて洗います。忙しい時でも、顔を洗う時は泡作りから時間をかけて洗いましょう。洗ったあとは清潔なタオルで拭いてあげて、化粧水、化粧水が染みこんだら乳液を肌に染みこませます。

肌は傷つきやすく、できものが出やすい箇所なのでそのあとは極力、肌は触らず刺激を与えないようにして過ごします。手は体の中でも細菌がつきやすいので、なるべく手で肌は触らないようにします。(口元も手で触るとウィルスが口から体内に入ってゆくので、体調を崩す原因になることがあります)清潔に保ってあげることで、綺麗な肌を保つことができます。