HMBはプロテインよりも痩せる?リバウンドしない方法

筋トレや運動時などダイエットや体づくりをサポートしてくれることで有名なプロテインを飲む方もいらっしゃるでしょう。しかし、プロテインの中に入っているHMBに変換されますが、変換されなかったものが脂肪になり太りやすくなります。そのため、HMBは低カロリーで直接摂取できるため、余分なものが脂肪にならないのも無理な運動をしなくてもいいため、女性には嬉しいHMB効果です。

そして、ダイエットといえばクレアチンが必要です。

ベルミススリムタイツは太っている人でも履ける?私の口コミや効果をご報告!

クレアチン効果とは?

クレアチンそのものは筋肉の構成要素とはなりませんが、無酸素運動時のエネルギー供給をサポートするため、筋力、パワー、引き締まった筋組織への効果があります。アスリートや重量挙げ愛好家にとって必要不可欠な栄養素です。

階段の上り下りや日常生活で筋肉がつきやすくなるのは嬉しいことです。筋肉がなくなると骨も脆くなり骨粗鬆症になります。

特に女性はホルモンバランスが左右するため、筋肉をつけても備わりづらいため、とても筋肉は重要なのです。

クレアチンは、実は肝臓で生成されます。そして、腎臓や膵臓でも少量作れられています。

そのため、クレアチンを摂取しない時期があっても筋肉を持続できます。

クレアチンはアミノ酸のグリシン、アルギニン、メチオニンを使って、1日に1-2gという割合で体内で生成されます。クレアチンはそのうち約98%が骨格筋内に貯蔵される一方、残る2%は心臓、脳、睾丸に蓄えられるのです。

ダイエットとは、痩せるためではなく健康になるということです。

サプリメントがたくさんある中で、HMBやクレアチンが入っているものは健康を維持しながら痩せるため、リバウンドを防ぎます。