加齢臭についての私見

1.はじめに

本音の口コミ!薬用スクラボの最安値通販サイトや効果などを徹底レポート!

新聞、雑誌、テレビなどの媒体広告に頻繁に登場する入浴剤や脱臭剤、洗剤などの紹介商品。基本的には「消臭」を目的としているものでしょう。臭いは老若男女を問わず、生あるものには付いて回るものでしょう。今回は「加齢臭」について考えてみました。

2.加齢臭について

筆者は80歳の男性です。高齢者になりますと、平均的に、現役で働いていた頃と比較して世間との、また人とのつながりが減少します。従いまして自分の体臭に関してはさほど関心を持たなくなるのです。私の体験を書きますが、中高生の頃は汗臭いのですが、これは若さの象徴であり、嫌悪するには至らない匂いです。社会人となりますと、エチケットの一環として気を付けねばならないことが分かってきます。ところが30歳代後半になってきますと、新たに発生するのが「加齢臭」です。医学・生理学学上では難しい名前がついていますが、「加齢臭」という呼び方には抵抗を感じるものです。40才代、50歳代と年齢を重ねるにつれて悩みの種になってきます。いろいろと対策を施しますがこれは努力の要ることです。現役時代を振り返りますと大変だったことを思い出します。その頃からの対策としては、入浴、食事、オーデコロンなどの防臭化粧品などに注意を払っておりました。加えてタバコも吸っておりましたので大変でした。

3.あとがき

加齢臭は誰にでも発生します。年齢を重ねて行けば当然のことであり、怖れることなく対策を講じて行けば良いと思います。昨今は防臭(消臭)対策商品が豊富に出回わっておりますので大いに助かると思います。先ずは関心を持つことでしょうか。高齢の筆者も外に出る時や人に会う時には、エチケットとして、それなりの対策をしております。各人各様であることも付け加えさせていただきます。ぃ

のていね

なt