口臭予防のためにも朝と夜必ず歯磨き

口のケアをあまりしていない場合は、口臭に悩まされる可能性が高くなります。特に、年齢を重ねるごとに口から臭いにおいがでてきやすいのでしっかりとケアして少しでも口臭を改善していくようにしましょう。口臭予防の基本は、もちろん歯磨きです。歯磨きは、朝と夜にする事が大事です。朝起きると、口の中は寝ている間に菌が繁殖している可能性が高く、そのまま放置すると口臭が悪化します。朝起きて息をはいて、自分の口の中をにおうと分かりますがちょっと異臭がする事がありますよね。つまり、繁殖している菌を洗い流すためにも朝歯磨きをして口の中をリフレッシュさせます。

ブレスマイルウォッシュ

また、夜寝る前も歯磨きをします。昼食や夕食さらに間食などで食べカスなどが挟まっている可能性が高いです。さらに、菌もその食べカスを求めて増殖している可能性が高いので、夜寝る前も口の中をリフレッシュします。もし、夜寝る前に歯磨きをしないと寝ている間にかなりの数の菌が生息します。結果的に、虫歯や歯周病などの原因になり、もちろん菌によって口臭がします。歯磨きは、3回しなくても大丈夫ですが最低でも朝と夜にして菌がなるべく増えないように努力します。もちろん、正しい歯磨きをして初めて効果があるのでその点も注意します。